【6歳差で出産】余裕のある育児をするために考えておきたいこと

育児

もう一人っ子でも良い人生なのかな、、と思っていたところ、まさかの二人目妊娠!

嬉しい反面、

「6歳差の兄弟(姉妹)ってどんなだろう、、、」

という期待もあり不安もありますよね。

ようやく上の子が手が離れて来た頃に、また一からの育児…。

またオムツ、授乳の日々、なんてと思ってしまっているのではないでしょうか?

でも心配はしなくて大丈夫です。

筆者の長男と次女はちょうど6歳差(6学年差)で出産しました。

やはり6年間長男ひとりに集中して育児をやってきて、

「育児って大変だし、孤独。しかも体力もいる。2人に増えたらもっと大変になるのでは?」

と不安になったものです。

ですが、不安とは裏腹に長男は自分でできることも増え、

保育園の先生にも負けない保育者に成長してくれました(笑)

ですが、そこまで育ってくれるにも注意してあげるべきことがあります。

今回は6歳差の子を出産する前に考えたいことをお話ししていきます。

 

まずは、6歳差で出産された方の体験談をご紹介します。

6歳差で出産された方の体験談

6歳差で出産・Rさん

私は、経済的にも、私の体力的にも、一人っ子の方がゆとりを持って育てられるからいいかな?という考えを持っていました。

ですが、私の兄弟も夫の兄弟も誰も結婚せず、うちの子供には従姉妹もいません。

「このままでいいのか、将来孤独になってしまうのでは…。」と心配になました。

夫と相談し、6年がかりで、もう一人産む決心をしました。

うちは今、上が中学生、下は小学生です。

正直、小学校の運動会を12年間観る事になるとは想定外でしたが、
いいネタになってます(笑)。

6歳違うと、上の子が頼りになりますよ~。

記憶力もいいですし。一緒に育てるんだ!みたいな絆も深まります。

体の機能も、思い出したかのように張り切ってくれて、完全母乳で育てることができました。

かなりストレスフリーな育児ができると思いました。

一人目の赤ちゃん時期はプレッシャーでノイローゼの様だった私も、
二人目は要領分かってるせいもあり、
その影響もあって子供もおおらかでいてくれて
「育児を楽しむってこういう事かぁ」
と余裕をもって笑顔で育児できました。

不安な気持ちも分かります。
でもきっと、産まれてくれた事に感謝する日が来ますよ!
久々のマタニティライフも懐かしむ気持ちで乗り切って、
元気なお子さんを産めると思います。

6歳差姉妹です。・Pさん

二人目がなかなか授からず、もうさすがに一人っ子かなーと思った矢先に妊娠しました。

今、長女が高校3年生。

次女が小学6年生です。

育児期間がながーく感じます。

ちなみに、
長女が小学校卒業してすぐに次女が入学したので、
親の私も12年間小学校に出入りしてるってことです。

幼稚園 小学校の卒業が重なりました。
小学校 中学校の入学が重なりました。
小学校 高校の卒業が重なりました。
中学受験するなら 中学受験と大学受験が重なります。
中学校 大学の入学が重なります。

たとえば2歳差くらいなら重ならないですが頻繁にどちらかの入学卒業がありますから、

どちらがよいとは言えませんね。

近所に、うちの子供と同い年の6歳差の男兄弟がいますが、
小さい時は大変そうでした、、、一人っ子を一人ずつ育てているような感じです。

そこのお母さんは次男が2歳の時に、無認可の保育園にたまーに預けて自分の時間をつくっていましたよ。
でも、上の子が大きくなると頼もしいですよ。

私の場合は、長女のことを「おねえちゃん」と呼ばない!!と最初から決めてました。
アドバイスになるかわかりませんが、
ずっと一人っ子で大事に育ててきたのに、
突然「おねえちゃん」は可愛そうだなと思ったからです。
なので、ずーっと名前で呼んでいます。

次女も長女のことを名前で呼んでいます。
長女も「おねえちゃん」て言われたくなかったから、ずっと名前でいいって言ってます。

どうしても上の子が犠牲になることが多く感じたので、

親はそれを理解して、申し訳なく思っていることを伝えることで、

上の子の不満を減らすよう努めました。

6歳違い・Mさん

私も31歳で長男出産、37歳で次男を出産して6歳違いです。

次男が生まれた時、

それまで一人っ子だった長男は次男を可愛がらないわけではないけれど、

大きな声で話して自分の存在を一生懸命アピールしていました。

やっぱり急に自分が一番だったのに、

長男も戸惑うことだらけだったと思います。

すごいお母さんっ子だったけど、

赤ちゃんはお母さんがいないと生きていけないというのは理解したみたいで、

赤ちゃん返りこそはしませんでしたが、

父親だけは自分が一番であって欲しいと思ったのがわかったので、

旦那もいつも長男を最優先していました。

そして、次男が寝ている間は長男優先にして甘えたい気持ちを抑えないように努力しました。

そして、今、小3、中3になりましたが、ケンカも多いけど、長男は次男をとても可愛がっています。

次男もお兄ちゃんが自分のことをすごく好きだと自覚していて(笑)

本当に仲の良い兄弟になりました。

次男は典型的な次男体質で元気一杯。

6年の年月は親としては肉体的な衰えは否定できず、

長男の時のように元気に追いかけまわしたりできません。

ですが、声は大きくなりました(笑)

精神的にはゆとりが出来て、色々なことに動じなくなりましたよ。

次男は我が家の癒し系。何をやっても本当に可愛いです。
長男もいつまでもいつまでも可愛いです。

 

 

 

子ども一人、一人としっかりと向き合えて良かった

今回の体験談から、

・親の体力の衰え

が不安の要素になりえると思いました。

ですが、初めての育児ではないので、わかっていることも多く、

育児や子供に対応するコツもわかっている状態です。

また、自分一人でやるというよりも、家族を巻き込んでみんなで育児をすることで、

更に家族の絆も深まります。

何より良いことは、先にいる子供たちが小さな子供をかわいがったり、

守ってくれるという成長がみられることだと感じました。

 

更に、年齢が離れていることで、上の子たちをしっかり子育てしてから、

また子育てに向き合えることができると感じました。

 

年の差があって出産は不安だと思いますが、

産後には楽しい家族の育児生活が待っています。

是非体験談を参考にされてくださいね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました